ゆるるりと過ごす日々・・・

日々のこと、大切に思っていること、子どもたちのこと、趣味などを綴っていきます・・・

昨年はいろいろありました( 一一)

もう2017年になっちゃってました・・・

前回の記事の娘ちゃんは

逆流性食道炎ということになり(でしょうね!毎食嘔吐しますし)

吐く原因は器質的な障害はないとのことでした。

が一日中胃液の上がり具合を見る検査では

(鼻から細い管を胃までいれて機械で測定する検査)

寝ているときにも胃液はあがっているようでした。

(だからどうしたらいいのじゃい・・)

 

中学3年生なってからも痩せと嘔吐はかわらずでさらに痩せていき

体の痛みや過呼吸などで中学生活もほとんどできませんでした。

(今高校生の娘がいうには「もっといっておけばよかった。」といいますが

その当時は生きるのに必死でした)

 

その年の年末には37キロまで体重がおち、

このままでは命にかかわるということで 大学病院に入院し、

それでも体重の減りがとまらず、鼻からの経管栄養を行いました。

並行して 認知療法 作業療法 カウンセリング 薬物治療を行いました。

約半年間入院生活を過ごしましたが、現在は嘔吐ありますが

体重は50キロこえてきました。

食欲が旺盛で食べては吐くを繰り返しています。

 

去年の夏はまたまたトラブルで自傷行為をしてしまい、再入院。

「娘は家に居場所がない。帰りたくない」と言いました。

入院中も抜け出したり、自傷行為は続きましたが、

先生が薬の影響かもしれないと 薬をほとんどやめることになりました。

 

この時期の私は精神的にボロボロで食事がのどに通らないという体験をしました。

そして私の態度で娘が不安定になると言われ、

仕事を短くして私の心の安定を図ることにしました。

 

先生のアドバイスでは罪悪感をもたないように生活することを言われました。

先生との話ではこういうことで娘にイライラするとか話をすると

「どうして?」「何がいやだったの?」ときかれ答えていくことで

そのくらいでイライラする必要あったかな?と考えるようになりました。

 

この先生との問答はとても大事なことになり、「ま、いっかと」

気楽になることにしました。

 

現在はだいぶ精神的に落ち着いていていますが、嘔吐は続いているので

今は経過観察中です。

 

娘ちゃんは現在通信制高校に通っていますが

その経過を中学の時の勉強からつづってみたいと思います。